HDDの最近のブログ記事

こんばんは!
パソコンの周辺機器以外ではありますがソフトウェアや、ツールも大好きです。
今日は、とあるデフラグソフトをご紹介します。

HDDは使用していく内にデータがバラバラの所に書き込まれていって、断片化を起こしていきます。
断片化を起こしたHDDはデータの読み書きが遅くなったり、パソコンの動作不良に繋がります。
ただし、Windowsの標準で付いてくるソフトでデフラグをするにはちょっと貧弱すぎではありませんか?

有料ソフトでDiskX Toolsなどもありますが、有料までは使う程ではない...
という方にはこの、UltimateDefragはいかがでしょうか?

bw_uploads_UltimateDefrag.jpg

このソフト、自分の最近のHDDデフラグソフトの中ではかなりヒットです。
一番、このUltimateDefrag(アルティメットデフラグ)の、とても良い機能はデータの置く場所を選べるという事です。

HDDは一般的に、外周にあるデータほど早く読み書きができると言われています。
内周はその逆でデータの読み書きが遅い部位にあたります。
そこで、外周には書き込み頻度の高いデータを、内周には書き込み頻度の少ないデータを保存する設定にする事により
HDDをより効果的に使用する事ができるのです。
しかも、HDDの寿命もアップする可能性までも秘めています。
これからの年末、データの整理もかねてパソコンのチューンナップにUltimateDefrag(アルティメットデフラグ)はいかがでしょうか。

こんばんは!
お久しぶりです。
ちょっと忙しかったので放置してましたが復活しました。
本日はデータの保存バックアップ方法です。
みなさんデータバックアップしてますかー?☆
思い出の写真とか仕事の書類、大学のレポートとか消えたら洒落にならないファイルって誰もがお持ちですよね?
HDD一台では、はっきり行って不安です。
さらに最近のHDDの大容量化で1TBもある写真・ホームビデオファイル...などなどですが
そのデータ、いつHDDがクラッシュして吹っ飛ぶかわかりませんよ。
HDDの寿命は通常3年〜5年。
ただし例外もあって、1年未満とかで壊れるものもあります。
HDDが壊れてしまってもデータがどうしても必要でデータ復旧センターに見積もり依頼したら
10万〜100万の請求は間違いないのが現実。

さぁ、今すぐバックアップを取りましょう!!!!!!

ただ、一言にバックアップといっても2重,3重のバックアップが基本なのですが3重とかになるとさすがに管理がだるい。
そんなときにはRAID1のミラーリングのHDDを購入しましょう。

RAID1のミラーリングとは、2台のハードディスクドライブを使用してまったく同じデータを同時に書き込み。
一台が壊れても大丈夫!みたいな感じの機能です。

まぁ、今は2TBのHDDも1万円を切っているので2台買っても2万いかないくらい。
ミラーリングの外付けケースを自作で...ちょろちょろすれば全部でも2万弱くらいで収まるでしょう。

よくわからない方は下記のあたりのものを買ってみてください。PCのプロ一押しのオススメアイテムです。
とりあえず、データのサイズもあまり無いし...という方は
BUFFAROのHD-W500。
価格がアマゾンで定価の1/3以下なのでかなりオススメです。
ただ容量がちょっと少ないのが難点。

しっかりバックアップを取って快適PCライフをお楽しみください♪






このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちHDDカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはMacです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。