Windowsの最近のブログ記事

こんばんは!
今日もパソコンの使えるソフトをご紹介します。
周辺機器だけでなく、こういったソフトもちゃんとご紹介しますよ♪

そもそもランチャーって何?ランチャーとは?という方に軽くランチャーのご説明。

ランチャーソフト:ショートカット等を使わずに、簡単にファイルやフォルダ、アプリケーションにアクセスする為のソフトを一般的に言う。

このランチャーソフトですが、使いこなせればパソコンの操作が300%快適になる事は間違いありません。
よく使うフォルダやアプリケーション(iTunesやWindowsMediaPlayer)など好きな物をランチャーに登録して好きな時に呼び出す事が可能になります。
今まで、Kick in 2000など使って来た事はあります。確かにめちゃくちゃ使いやすいソフトでした。
その他にも多々ランチャーを入れてきましたが、今回一押しのランチャーを発見致しました。

Mac風のランチャーで『RocketDock』って言います。

images.jpg

はっきりいって、これより使えるランチャーに出会った事がありません。
まぁ自分がマックも使っているので操作感が似ていて馴染みやすいという可能性もありますが。

実際の画面はこんな感じ。上の部分にあるのがこのランチャーです。マックのランチャーに似てます、ってかそのままw
rocketdock1.jpg

http://rocketdock.com/download

もちろん上にも、横にも配置可能。アイコンの大きさ・画像も変更できるしアニメーションの感じも変更可能。
今の通常スペックのマシンならそんなに動作も遅くないので、是非使ってみて欲しいツールである。

こんばんは!
パソコンの周辺機器以外ではありますがソフトウェアや、ツールも大好きです。
今日は、とあるデフラグソフトをご紹介します。

HDDは使用していく内にデータがバラバラの所に書き込まれていって、断片化を起こしていきます。
断片化を起こしたHDDはデータの読み書きが遅くなったり、パソコンの動作不良に繋がります。
ただし、Windowsの標準で付いてくるソフトでデフラグをするにはちょっと貧弱すぎではありませんか?

有料ソフトでDiskX Toolsなどもありますが、有料までは使う程ではない...
という方にはこの、UltimateDefragはいかがでしょうか?

bw_uploads_UltimateDefrag.jpg

このソフト、自分の最近のHDDデフラグソフトの中ではかなりヒットです。
一番、このUltimateDefrag(アルティメットデフラグ)の、とても良い機能はデータの置く場所を選べるという事です。

HDDは一般的に、外周にあるデータほど早く読み書きができると言われています。
内周はその逆でデータの読み書きが遅い部位にあたります。
そこで、外周には書き込み頻度の高いデータを、内周には書き込み頻度の少ないデータを保存する設定にする事により
HDDをより効果的に使用する事ができるのです。
しかも、HDDの寿命もアップする可能性までも秘めています。
これからの年末、データの整理もかねてパソコンのチューンナップにUltimateDefrag(アルティメットデフラグ)はいかがでしょうか。

こんにちは!
今日は自宅の自作パソコンについてです。
昔に比べると全体的な価格がかなり安くなってきたので買いかと最近考えています。

現在のマシンスペックは
CPU:Core2 6850
メモリ:PC2-6400 4GB
グラフィックボード:8800GT
OS:Windows 7 32bit
去年くらいまでであれば、全く問題無い程度のスペック。
複数アプリケーション立ち上げてもある程度は大丈夫。
ただ4〜6個程度のアプリケーションを立てあげているとブラウジングなどでストレスを感じます。

PSなんか立ち上げた際には...
そこで考えるのがCPU,マザーボード,メモリの換装です。
上手くやれば、このままのHDDで移行が可能なんじゃないかと思う。
そして市場価格から概算の金額を考えてみた。

CPU:Core i7 950 BOX...25100円
メモリ:DDR3...6000円
マザーボード:LGA1366...20000円

5万円程度で最新マシンへののスペックアップが可能。
もちろん、対応して電源やグラボの交換が必要になってくる場合もあるが
かなり気になる値段になってきた。
さぁー。買おう。と意気込む今日このごろでした。



auひかり

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは!
前回のブログから早一ヶ月。
ついに、auひかりを我が家に導入してしまいました。
そして、早速評価してしまいます。

スピードテスト  USENの回線速度測定.png
 〇スピードテスト  USENにて測定。MAXが100Mbpsの可能性があるため。この速度でとまってしまいました。


スピードテスト  ブロードバンド通信速度測定サイト:gigaspeed.rbbtoday.com.png
 ◎スピードテスト  ブロードバンド通信速度測定サイトにて測定。おぉおおぉお!という感じです。

速度測定システム Radish Networkspeed Testing 東京 -result-.png
◎速度測定システム Radish Networkspeed Testing にて測定。
いや、もう十分でしょって感じです。

感じたのは、速度の出が時間帯によってばらつきがあるみたいです。
しかも測定するたびに速度が変わる不安定っぷり。
まぁ、最低でも100Mbpsは超えているので文句はありません。
というか、こんなに速度を上げられるとHDDの転送速度に追いついてきてしまっているような気がするのは気のせいでしょうか?
まぁ、ただ会社のPCとのデータのやり取りは快適極まりない。

次期にこの転送速度が普通になるのかぁと思うとすごい未来が想像できました。

こんばんは!
今日、ヨドバシカメラにて気になるアイテムを見つけてしまいました。
BUFFARO(バッファロー)無線LANルーターです。


型番は Air Station WZR-HP-G301NH



何が気になるのかって?

USB接続のHDDが簡易NAS(ネットワーク記憶装置)のホームサーバーになる事です。

実は前々からネットワークHDDに興味がありました。
家ではデスクトップ一台(Windows)とノートパソコン2台(Mac,Windows)という構成で使っているのですが
もしネットワーク上にHDDなど一台あれば便利だな。。。。
しかしネットワークストレージ普通に買うとかなりお高いのです。

このルーターを使いルータに外付けのUSB化したHDDを接続すれば
簡単なパソコン間のデータの共有や受け渡しが楽に出来てしまいます。

しかし悩む所は、一個前の型番のルーターがどんどん値落ちした為6000円程度で買えてしまう事。
他社のルーターとの比較をまだしていない事です。
もうちょっと比較検討してみて、良ければ是非買ってみたいと思います。



みなさん。
Windows7使っていますか?
Windows7で僕が便利だなと思った機能があります。

スナップ機能です。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/products/features/snap

マウスでウィンドウを掴んで上に投げるとウィンドウが最大化。
左右に投げると半分にウィンドウが変形するという簡単でシンプルな機能なのですが
これが、一日中オフィスでパソコンをいじっている僕にとっては画期的でした。

ただこれはWindows7から搭載された機能。。。
そこでWindowsVistaやWIndowsXPで同じ機能を再現することができないかと考えて見つけたソフトがこれでした。

AeroSnapです。
http://aerosnap.dj-corny.de/
aerosnap.jpg

BETAなので、たまにフリーズしたり強制終了してしまったり。
ナチュラルWIndows7に比べてグラフィカルでないなど、まだ問題多数ですが
注目しているソフトではあります。
また、ほかにこのような使えるソフトがあれば教えてください。
それでは今日はこのへんでー
あなたが使っているOSは何ですか?

  1. Windows XP
  2. WindowsVista
  3. Windows 7
  4. Mac OS
  5. Linux
たいていの人はこの中に当てはまるでしょう。
やはり現在、一番普及しているのはマイクロソフトのWindowsでしょう。
そのWindowsで一番新しいのがWindows7です。

僕は、毎日がワクワクしたWindows98の世代から使っていますが
Windows XP Windows 7とこの2つは優秀だと思います。
使いやすさや性能やさまざまな部分でGOODです。
そして去年から使い始めた
Mac OS。これがまた素晴らしすぎるのだが、後に書いていこうと思う。

先日の車載PCの記事の時にも書きましたが。
いやー安くなりましたねSSD。
ちょっと価格.comで調べてみました所。
この通り。
http://kakaku.com/item/K0000046440/

17606678.jpg
そして気になるのはやっぱり1位のインテルの80GBのSSDです。

ちょっと調べてみた所こんな結果が出ているらしいです。。。
cdm02.jpg

MacBookProに搭載した場合どのような起動やレスポンスになるのか考えただけで鳥肌が立ってしまいます。

ただ未だに容量には壁があります。250GBくらいのSSDになると急に高くなるので。。。
もちろん80GBではBOOTCAMPでWindows7を入れている自分にとっては全然足りません。
もうちょっと安くならないかな?とは思うものの買ってしまいたい衝動にかられる今日この頃でした。

こんばんわ。
今日はWindows7を安く手に入れる方法をご紹介します。普通に買ったら通常版のホームプレミアムで2万円くらいはします。しかしヤフーオークションで出回っている他メーカーのアップグレード版のディスクとライセンスキーを買えばホームプレミアムでも、アルティメットでも約六十円から八千円くらいで手に入ります。そしてチョコチョコっとすれば完成。(ちょこちょこがわからなければ買わないように)
アップグレードするXPかVistaが無ければこれもまた 中古ライセンスや中古ディスクなどがヤフオクに安く出品されているので活用しましょう
こんにちわ!みなさんパソコン持っていますか!?
気になるパソコンの普及率。モバイル機器の普及に合わせて需要が増え価格が安くなり。
一家に一台から一人1台の時代となってまいりました。
そんな『パソコン』ですが。
とにかく僕はパソコンが好きです。
Mac,Windowsのみならず周辺機器(ディスプレー、マウス、キーボード、ルーター、オーディオ、各種自作系のパーツ、ソフトウェア)などなど
話出すと止まらなくなります。
そんな夢と希望でいっぱいのパソコン関係のお得情報や最新情報をお届けしちゃいます。
どうぞよろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWindowsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMacです。

次のカテゴリはお得情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。